· 

オープンマインド!

先週末の出来事です。

 

私が現在付き合っている彼は、原因不明の腸閉塞で過去に何度も入退院していました。

 

 

体の声の翻訳では、『腸閉塞は、同調できない人がなりやすい病気』とされています。

 

 

これを彼に伝えるのには、かなりの時間がかかりました。

 

 

なぜなら、彼はスピや石などを否定はしないけれども、全く受け付けないタイプだったのです…^^;

 

 

なので、自分の習っているリーディングのことなどもなかなか言えずにいたところ、私ががま腫になってしまいました😂トホホ

(過去記事・カエル化してました…を参照)

 

 

ですが、数年に一度の頻度だったのに、数ヶ月おきに腸閉塞を起こすようになってきて、これは本当に言わなきゃ不味いぞという状況になってしまいました。。。

それに、私はこれを言ったら嫌われるんじゃないかと怖かったんですよね。

 

でも命に関わることなので、そんな事を気にしている場合じゃないぞと意を決して、腸閉塞のことを伝えました。

 

すると、彼はしばらく黙った後、「俺ってちょっとそういうところあるよね…」

とぼそっと呟いたので、正直、驚きました。

 

 

その数カ月後、あわや腸閉塞か?!という前兆が現れたのですが、今回はなんとか入院せずに、通院とヒーリングで回復することができました。

入院と切除は最後の砦なので、あまりおすすめしないという病院だったのも良かったんだと思います。

(彼の腸閉塞は、手術痕が癒着するという一般的なものとは違って、腸が自ら捻れて?閉塞するという原因不明のものでした。)

 

 

彼は、勝手な思い込みですぐにヤケを起こして諦めたり、心を閉ざしてしまうのがよろしくないので、その点を伝えてからというもの、2年以上何事もなく過ごしておりました。

 

 

ですが、先週末に雲行きが怪しくなり、かかりつけの病院で診察してもらい、様子を見て一時帰宅しました。

 

徐々に回復していたはずなのに、翌日の夜には状況が一変、飲まず食わずでかなり痛そうでした。

 

以前も、私が患部をヒーリングした時、手を当ててもらってるときは不思議と温かいし、痛くないと言っていたので、今回もヒーリングすることに。

どうしてもだめな時には救急車を呼ぶつもりで。

 

 

患部をリーディングすると、何度目かで巾着の紐のようなものが見えてきました。ぎゅっとキツく結ばれています。

あー、これだ!と、その蝶結びをほどきました。

私はやれることはやったので、あとは本人次第だなと。

 

しばらくヒーリングしていると、安心したのか、痛みもマシになりウトウトしていたので、とりあえず一旦眠ってもらうことに。

 

すると、夜中に待望のおならが!!

私はそのすごい音で目が覚めました。苦笑😅びっくりしたっちゅーねん!

おならは腸閉塞していない証拠なので、今回ばかりは喜ばしいことなのです😂

 

その翌朝からも、またハートを閉ざしては痛くなり始め、そういうとこだよ!と指摘され、

反省して沈静化を繰り返し、狐につままれたようでしたが、最終的にはご飯も食べられたし、便も出て一安心!

 

あんだけ頑固で、やたら拒絶する君が、よく頑張りました!!

(昔の私にそっくりなんです。かわいくないところとか…つっぱってあとにひけなくなるところとか。。)

 

この度、ブログに書いて良いとの許可を得たので記事にしました。

 

当たり前の事など一つもないし、当たり前だと思っているようなことこそが

幸せだったりするんですよね。

健康第一ですね。

 

いやはや、お勉強になりました!